北海道のくまのブログ

写真のブログです
  [ 今回は 冬眠した くま ]
2011-02-27(Sun) 16:54:44
オフ会から 帰ってきました
 今回は スキー場で有名な ニセコ そこに 秘境的 秘湯 薬師温泉での オフ会です
  男風呂 何も知らない くま 一歩 浴槽に 踏み込んだら
   危うく 溺れる所
    何と 立ってないと 入れない 浴槽で 温泉は かけ流しでなく
     下から 湧いてくるんです
立って ビールを 飲んでの 温泉は ちょっと 疲れるので 少し 早めに 上がりました
20112_0159.jpg
宿泊者は うちらだけで もう 貸し切りです
 ここは 昆浴で 女性陣も 入ってます
  皆 集合で 女性陣が 女子風呂が 気持ち悪いと 言うので
   くまが 見に
20112_0160.jpg
ちょっと 感じやすい くまですが なにもない 大丈夫と 報告
 バレーの選手か? 札幌温泉人さんの お尻を 見たかった 女性が 壁を よじ登ったのかも?
  ここも 浴槽は 深いです 立って 入らないとね
20112_0162.jpg
どんなに 秘境かと 分かるような テレビ
 チャンネルですよ チャンネル 
  ちょっと 心配 アナログ放送 終了したら どうするのかな?
20112_0161.jpg
こんな 風景も ありました
 今朝がたから 雪が 舞落ちてます
20112_0163.jpg
朝食の後 今度は 露天風呂へ
 旅館からは 大分離れてます
20112_0165.jpg
こんな 野湯ですし 湯の温度も 低い目で なかなか上がれないいんですけど
 このお湯に 滑って 片足を 入れて 靴も濡れてるし 転んで ズボンも すごい状態なので
  この際 下はパンツはいて 上は カッパで 素足のまま 雪の上を 旅館まで 走り
   何と おかみさんが 除雪を してたけど くまの 恰好をみて 急いで 戸を 開けてくれました
これだけ 寒い 思いしましたが この露天風呂が 一番 体が 暖まり
  だんだんと あったかく なって来るのが 分かります 
20112_0166.jpg
最後に おかみさんが 色紙を くれて 
 オフ会の 皆さんで 寄せ書きを しましたので
  誰か ここ 薬師温泉に 行ったら 探してください
くま 熊の ツーショットです
20112_0164.jpg
今回の 参加者のブログで くまが 冬眠中だった 写真を 見てください
    まあ 帰ってすぐなので まだ 出てないかもね?
札幌温泉人さん  幹事 お疲れ様 
ゆぅ&かんさん ゆうさん これなくて 残念でしたね
道産子おやじさん&奥さん 楽しい 夫婦漫才 ありがとうございます 帰ってからの 
               夫婦のミーティング ちょっと怖いかな まあ また しっかり練習を
温泉マニア&ジュニアさん また 招集してくださいね 早めに ジュニア 寒くなかった? 風邪引かない            用に
ユキヒロさん&ちなさん  泊れなくて 残念でしたね 飲みオフ しましょう

あと 炉端家での 飲み会オフ 都合のいい日を 書いてください
   ただし 20日 閉店なので

あと 五色温泉に 入って来たので 温泉の匂いが まだ でてきます
スポンサーサイト
写真日記オフ会TB : 0CM : 11
ニセコ 薬師温泉オフ会HOME夜空

COMMENT

  +
こんばんは~(^^)

オフ会お疲れ様でした‥(^-^)
とっても楽しいオフ会になりましたね‥(^。-)
でも究極は、冬のあの薬師温泉の露天風呂ですね
この時期に皆で入るとは、皆な立派な野湯マニアです‥(^。-)
色紙に寄書きも出来て大満足のオフ会でした‥(^0^)/
b y ゆぅ&かん | 2011.02.27(17:17) | URL | [EDIT] |
  +
めっちゃ楽しそうなオフ会じゃないか!!
雪の中の温泉三昧!.゚+.(o´∀`o)゚+.゚イイ!!
山は登れないけど、温泉だけのオフ会いいねぇ(*´ー`)
b y あれく★ | 2011.02.27(19:16) | URL | [EDIT] |
こんばんは~(^-^)/

五色に行ったんですね~♪くまさん曰くくさい温泉ですね~(笑)

色紙がみんなで来た証になってうれしかったねぇ~!
滑るように入った野湯で足は擦り傷だらけでしたわぃ(笑)
くまさんの滑りには負けますが…(爆)
またいい温泉一緒にはいろうね~(*^^*)
b y 道産子おやじの相方 | 2011.02.27(20:01) | URL | [EDIT] |
  +
楽しそうなオフ会ですね~
ニセコと言えば去年10月に行ったなぁ・・・
雪景色のニセコも良いですね
立って入る秘湯は長風呂出来なそうね(^O^)
b y タジ | 2011.02.27(20:45) | URL | [EDIT] |
  +
テレビでわかる秘境度数って言うのもすごいですね。
薬師温泉は20年くらい前にスキーで泊まったことがあります。
布団の間なんかにカメムシいなかった?
ニセコって冬でもカメムシがいるんだよな。

お風呂でおぼれなくて良かったですね。
知らないで入ると大変なことになりますよね。
b y watanabe | 2011.02.27(21:23) | URL | [EDIT] |
  + タフガイ
それにしてもタフですね~オイラ本日はクタクタでショボンですよ~。指がまだ麻痺していますよたった今沢木の温泉から戻ったばかりなのにさ。小太郎くんとのツーショット「くま&熊」色紙を持った写真も飾ってもらったら?
b y damerabbit | 2011.02.27(21:37) | URL | [EDIT] |
  +
くまさん 温泉に入って楽しいオフカイ・・元気そうですね!
立って入る温泉・・書いてあるのでしょうか?人がいない時など・・注意を受けないで入ると・・私なら溺れます。^^:

手の跡が 何だか楽しい!TVレトロは 可愛い!・・価値ありそうです!
b y osakaken | 2011.02.28(08:45) | URL | [EDIT] |
  +
たのしい秘境温泉オフ会、お疲れ様でした~^^
くまさん&熊のツーショット、いいお写真ですねぇ^^ 
寄せ書き色紙と一緒に飾って頂いたらよいかと^^
b y かなた | 2011.02.28(14:02) | URL | [EDIT] |
  +
北海道のくまさん、こんにちは。
オフ会お疲れ様でした。
薬師温泉は僕も大好きな温泉です。
色紙、芸能人みたいで良いですね。

女性風呂の手形・・・
僕はこういうのがとても苦手です。
怖い・・・!
b y ikeboo | 2011.02.28(15:57) | URL | [EDIT] |
  +
ゆぅ&かんさん
  毎回 楽しいオフ会ですね
   ゆうさん これなくて 残念ですね
あれくさん
  まあ すごく 楽しいオフ会ですよ
   あれくさんも 参加してください ただし 裸の付き合いですので
    でも 皆 ちゃんと マナーは あるので?? 
     女性陣が 入ってからとか 男性陣が 上がった後に 女性陣とか
    まあ 一杯入ってるのもあるけど 女性陣が 大胆に なったり
道産子おやじの相方さん
  だいぶ 長い反省会では? 
    露天風呂でなく 前の日の 混浴で 腰に 擦り傷が
     次の日起きて なんで?????
       しばらく 分かりませんでした
タジさん
  そう 立ち風呂は ゆっくりできないので 長風呂は 無理かもね
   めちゃめちゃ 楽しかったです
watanabeさん
  知らなく 入った くまです 溺れそうになりました
   今度 温泉オフ会 あったら 参加しますか?
    カメムシは しっかりいましたし ときどき 匂いも
damerabbitさん
  それって やばいかも 凍傷かな
   軽度の凍傷? その後が やばいんですよ
    人間の防衛本能で すぐ防衛に なって 血液が 内臓に 集中
     だから すぐに 手足に 血液量が 減少 
osakakenさん
  面白いですね 下のコメントでは やはり 怖いってね
   注意書きは 無かったような 初めての年寄りは やばいかもね
かなたさん
  写真を 中に 飾ってる色紙もあるので
   集合写真をって 話も ありましたが
    いろいろ あるみたいのと 写真 持ってくるのも
     面倒なのかな?も あるので こうなりました
ikebooさん
  この手 苦手だと オフ会の時は
   札幌温泉人さんと 一緒に 夜中 トイレに 行ってください
b y 北海道のくま | 2011.02.28(16:45) | URL | [EDIT] |
  +
こんばんは。

お疲れ様でした。。。
今回も、大変お世話になり感謝っす(^^)
最後の写真・・ いいねぇ~ 熊&くま・・・・・
カメラマンの腕・・ 心配したけど・・ まぁ~いいですよね。
もしかして、俺、一眼レフ使えますかね??(笑)
b y 札幌温泉人 | 2011.02.28(18:42) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hokkaidounokuma.blog45.fc2.com/tb.php/708-f98a59cf



copyright © 2017 北海道のくまのブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi