北海道のくまのブログ

写真のブログです
  [ 残ってほしい 風景 生き物 建物 ]
2014-07-14(Mon) 21:24:36
あとだしじゃんけんでないけど 天気が ころころ変わってますし
 天気予報も 朝は 晴れだったのに 雨が 降ってきたら 携帯の天気予報は 雨マークに なってたりと
はやく 梅雨も明けて こんな 晴天が 欲しいですね
a4207.jpg
泥流地帯の場所は ここかな??
a4210.jpg
全世界の人々 特に 争ってる 人々にも こんな 小さなハートマークが 心の中に あってほしいものです
 それに 温暖化になって 雨が増えて 登山道もまた 残って 欲しいですね
a4211.jpg
そんな 守られた 登山道の先の 頂上から また 降りて 人が 少なくなった所での
 休憩が 出来る場所も 残ってほしいです
a4212.jpg
こちらを 興味 しんしんで みる オコジョ 
 アニメーション「ガンバの冒険」を 知ってる人には  憎いイタチの姿を 思い浮かべたり
a4213.jpg
その獲物は
a4214.jpg
その獲物の 一つ ナキウサギ 氷河期の 生き残りとも
 でも 天然記念物には なってないんですよね 捕食するもの されるもの 両方 いなければ 自然は また
   成り立たないですよね
a4215.jpg
トイレは あるから いい小屋なんですけど
 登山口からは 近すぎだし ルートからは 遠回りに なったりして ツアーの人は 来ないので
  静かに 過ごせるかな? 部屋うちでは ごそごそと シマリスさんが 遊びに来てくれたり
   ドアの外では 立ち止まる 足音も 
a4208.jpg
まとわりつく 雲だったり
 内地は もう お盆だから こんな話も いいかな??
a4209.jpg
ちなみに 何年も 冬山では 遭難事故が 起きてます
 涼しくなった??
スポンサーサイト
日曜日の小旅行TB : 0CM : 6
残したい風景 航路HOMEタイトルなし

COMMENT

  +
雲海!.゚+.(o´∀`o)゚+.゚イイ!!

え?怖い話?
白っぽい画像??Σ(゚Д゚)
b y あれく★ | 2014.07.15(02:06) | URL | [EDIT] |
  +
んー、残っていてほしい風景・・・ ♡
ここでくまさんに見せてもらえて、私は幸せだな~^^
b y かなた | 2014.07.15(15:53) | URL | [EDIT] |
  +
ガンバの冒険!
コワくてまともに見れなかった記憶があります
このオコジョは首をかしげた風で可愛いです
b y ぜしか | 2014.07.15(16:56) | URL | [EDIT] |
  +
あれくさん
  今思えば こんな天気のいい日に こんな薄い雲が
   漂うのも おかしいのかもね??
     本当は 足音の方で 扉の前で 足音が 止まるんですけど 
       中に入ってこないな~~ 昼だから 聞き違いかな???
        って 気にしてなかったけど
         小屋番仲間が 同じことを 経験してました
かなたさん
  は~~い 楽しんでくれて ありがとうございます
    北海道観光でも 来てください
ぜしか さん
  くまは 中学か高校ぐらいの頃に 見たので
   怖いってほどでもないけど 小さい子供なら 怖かったでしょうね
    人との遭遇も 少ないので 興味本位で こちらを
     うかがってますね
    
b y 北海道のくま | 2014.07.15(20:39) | URL | [EDIT] |
  +
オコジョの姿がなんともかわいいね^^
人間も動物も自然の中で仲良く暮らしたいね

ガンバの冒険!懐かしい~~~~~
妹とふたりで怖くてくっついて見てました^^
b y 伯苑 | 2014.07.15(22:17) | URL | [EDIT] |
  +
やっぱり天気のいい日に登らないと(笑)
緑の富良野岳、火山の上ホロ、十勝岳、鳴き声は聞こえるけど姿を見つけられないナッキーやっぱり素敵な十勝連峰!
嫁さんに言わせるとカミホロ避難小屋はトイレがあるので女性には嬉しいそうです。

b y TOSIPAPA | 2014.07.17(21:05) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hokkaidounokuma.blog45.fc2.com/tb.php/1889-36fd6da5



copyright © 2017 北海道のくまのブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi